コラム

NBCラジオ経済コラム(9月13日放送) 「企業間交流事業「ウィズコンながさき」が始まります」

2019年09月18日

 4月の放送では、県が行っている3つの婚活事業(お見合いシステム、縁結び隊、めぐりあい事業)を紹介しましたが、今回、新たに4つ目の事業として「企業間交流事業」をスタートさせました。未婚者の結婚への意識調査ではいずれ結婚すると答えた方は88%ですが、そのうち出会いがないと答えた方が50%に上るとの結果が出ており、この30年間でも「出会いのきっかけ」が大幅に減少しているとの報告があります、又、職場や仕事での出会いそして成婚(職縁結婚とも言いますが)の減少は約4割とのことであります。県ではこうしたことを補う事業として、新たに「企業間交流事業」を始めました。

 事業の名称を「ウィズコン(ながさき)」と呼びます。「Wizcon(ウィズコン)」とは、「人も企業もつながる」をコンセプトに、県内企業・団体に所属する独身の方々のグループ交流を目的としたものです。アルファベットで「Wizcon]の「Wiz」は、「一緒に」という意味の「With」と、businessの「Biz」。「Con」は「つなぐ」という意味の「Connect」と、縁を結ぶ「婚」。人も企業もながさきも一緒に活き活きと生きていけるように、との願いを込めて、県内全域で企業間交流を促進します。この事業は、長崎県と県下21市町の共同事業です。

 まず、社員の出逢いを応援する企業・団体(ウィズコン企業)を募集していますので、ウィズコン企業の登録が必要です。登録はウィズコンながさきのサイトから、社内の担当者(ウィズコンサポーターの略称=ウィズサポと呼びます)に行っていただきます。その後、社員の皆さんへウィズコンへの参加を呼びかけ、社内の独身男女で3名または4名の同性のグループを作っていただき、登録をお願いします。グループ登録が終わりますと、他の企業・団体のグループの中から交流を希望する相手グループを検索し、交流会の申し込みを行います。

 尚、一つの企業内で3~4名の独身グループができない場合でも、複数の企業同士でグループを作ることも可能です。例えば、複数の企業が同一の商工会に加盟していることが確認できる場合等。詳しくは事務局にお問い合わせください。グループ同士で交流の意思が確認出来たら、開催日時を決めて、交流する場所(ウィズスポットと呼ぶ)を、サイトから選んで決定します。

 既に、ウィズコン企業、グループ、ウィズスポットの募集と登録は始まっております。具体的な交流への参加申し込みは10月1日からとなっております。是非、一人の参加ではなく、グループでの交流となりますので、気軽に参加していただきステキな出会いの場となればと考えております。
 
 宜しくお願いします

  • 【日時】
  • 2019年09月18日

西田 誠

長崎県婚活サポートセンター総括

西田 誠

にしだ まこと

コラム・レポート

キーワード検索