民間企業や行政機関、大学研究者等とのコラボレートによって調査研究を進めています。

菊森 淳文 (きくもり あつふみ)

菊森 淳文

理事長

《経歴》

公益財団法人ながさき地域政策研究所理事長
1955年三重県生まれ。東京大学法学部卒。78年三井銀行(現三井住友銀行)入行。
83年米国シカゴ大学経営大学院(MBA)卒。博士(学術)。
日本総合研究所主席研究員を経て2002年ながさき地域政策研究所。長崎県産業振興財団・長崎県土地開発公社・長崎県住宅供給公社の各理事、長崎県地球温暖化防止活動推進センター・アドバイザー、社会福祉法人千歳会(東京都千代田区)評議員。
審議会・委員会委員等:経済産業省「21世紀社会経済システム研究会」座長等国・県・市の委員会・研究会の各委員長。
東京都専門委員(特別職、市場問題PT)を歴任。
長崎県・佐世保市IR(特定観光複合施設)推進協議会が設置する有識者会議の座長を務める。
教育・学会:長崎総合科学大学特任教授を経て大学院及び新技術創成研究所客員教授(現職)。長崎県立大学大学院講師。
日本ホスピタリテイマネジメント学会理事。
長崎経済同友会アドバイザー。「みなとオアシスNAGASAKI」運営協議会会長。
著書:「学習する会社のナレッジ・コラボレーション」「こうすれば地域再生できる」「地方創生の成功法則―地域振興における効果的な人口・観光・物産振興政策の在り方」「コンサルテイング・イノベーション」「経営戦略ハンドブック」「理容・美容サロンが変わる」「工務店はサービス業だ」等多数。
提言書(最近時):
「コロナウイルス緊急事態宣言を受けた長崎への提言―コロナ後の世界に向けて」(2020.5.17)
「コロナウイルス感染が経営を変えるーコロナ後の世界に向けてイノベーションを」(2020.6.5)
「長崎市の人口減少・転出超過と「成長都市」形成に向けて」(2020.9.17)
テレビ出演:NHK、KTN、NBC、NIB等マスコミに出演中。

詳しい紹介や活動実績はこちら

鶴田 貴明 (つるた たかあき)

鶴田 貴明

理事

《経歴》

都市計画コンサルタントを経て現職。
自治体経営戦略(総合計画等)、PPP・PFIアドバイザリー、公共交通再生・活性化(陸上交通・航路改善)、パブリックデザイン・空間マネジメント、MICE戦略等を専門領域にコンサルティングを展開。
自治体経営戦略領域:行財政運営の指針となる長崎県内自治体の総合計画、まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定支援をはじめ、観光振興計画、産業関連計画など多様な分野の調査・計画策定を支援。各種委員会等の委員を歴任。
PPP・PFIアドバイザリー領域:博物館、文化施設、MICE施設、物産施設(道の駅等)、宿泊施設、テーマパーク、競艇場、都市公園、スポーツ施設等の整備・再生に向けたマーケティング調査、基本構想・計画策定、民間活力導入可能性調査及びアドバイザリー等に関与。新上五島町ホテルマルゲリータ基本計画・アドバイザリーをはじめ、令和元年度は日本初となる城泊プロジェクトや県下初となるPark-PFIのアドバイザーを務める。
公共交通領域:地域交通計画のマスタープランとなる地域公共交通網形成計画・再編実施計画の策定をはじめ、乗合タクシー等のコミュニティ交通の実証・本格導入を支援している。離島航路については、九州管内の離島航路の経営改善の方針である「九州離島航路改善ガイド(平成24年度:九州運輸局)」の策定や九州管内で運航するジェットフォイルのあり方検討など九州管内の離島航路施策に関与するとともに、長崎県、福岡県、佐賀県の約30航路の航路改善計画策定に携わり省エネ型新船導入や経営改善を推進している。
内閣府「地方発の経済建て直し」政策コンペ優秀賞受賞、NBCラジオコメンテーター。

詳しい紹介や活動実績はこちら

上原 憲 (うえはら けん)

上原 憲

事務局長

《経歴》

昭和49年から長崎県庁36年間勤務
 観光、漁政、労委、会計 各課長歴任
 平成23年4月から長崎県シルバー人材センター連合会 4年半勤務
 (専務理事兼事務局長)

詳しい紹介や活動実績はこちら

濵崎 竜之介 (はまさき りゅうのすけ)

濵崎 竜之介

専任研究員 兼 新産業創造ユニットリーダー

《経歴》
電気通信事業者、県内エンジニアリング会社を経て現職。基本情報技術者試験。
IoT/ICT(AI・RPA)/介護ロボット・ICTの普及・導入支援、余剰再生可能エネルギーの活用調査、行政におけるRPA・AI技術活用、その他基礎調査等に従事。NBCラジオコメンテーター。

詳しい紹介や活動実績はこちら

竹田 千華 (たけだ ちか)

竹田 千華

研究員

《経歴》

平成27年 長崎県入庁 東彼・北松福祉事務所
平成29年 長崎県庁 土木部道路建設課
令和 2年 公益財団法人ながさき地域研究所派遣

詳しい紹介や活動実績はこちら

久保山 健司 (くぼやま けんじ)

久保山 健司

研究員(食・健康アドバイザー)

《経歴》

1974年長崎県生まれ。
立命館大学卒業後、全国で無印良品を運営する「株式会社良品計画」に入社。
無印良品の新規事業である飲食部門の立ち上げに参画。
「Cafe MUJI」「 Meal MUJI」の店舗運営を行う。
各店の食品部門やMealMUJIマネージャーを歴任。
株式会社ティアの創業者である元岡健二氏(元浜勝社長)の知己を得て、良品計画退社後、独立。長崎県地産地消認定店、自然食レストラン「ティア長崎銅座店」のオーナーとなる。
スローフード長崎事務局として、長崎の有機農業ネットワークや伝統野菜の保存活動に参加。飲食店の開業支援、生産者と消費者のつなぎ手として、多くのイベントセミナーを主催。農産物の加工商品開発から、宣伝広告等のアドバイザーを務める。

詳しい紹介や活動実績はこちら